株式優待券お得情報

最近日本でも個人投資家の存在がクローズアップされるようになりました。
日本でも株式投資の歴史は古いですが、株は儲からない、難しくてわからないという先入観があってあまり個人投資家がクローズアップされることはありませんでした。
しかしここ最近ではデイトレーダーといわれる人々の存在が注目を浴び、それと同時に株式投資に対する注目も高まってきました。

しかし株式投資をしている人の中でデイトレーダーといわれる人たちは株式投資をする人の割合の中で見ると極少数です。
大部分の方は長期的に株を保有する人が多い傾向にあります。

もちろん自分の持っている株については動向を気にしているでしょうから、いろいろ動きがあればその時に応じて株を売買していると思います。
ですが基本的にはそれほど値下がりや値上がりしない、どちらかというと株価の安定した会社の株を購入する方が多いと思います。
デイトレーダーのように一日の株価の動きで株の売買を繰り返すことで利益を得るやり方もありますが、株式市場が始まる時から終わる時まで常に株価の動向を見ていないといけないので、普通に仕事をしている人にはその時間はありません。
したがってある程度の期間は株を保有する目的で株を購入することになります。

このときに何を参考にして株を購入するかというと、まずは配当金です。
配当金は会社の業績や方針によって金額が変わってきます。
業績がよければ配当金もたくさん付きますが、業績が悪ければ配当金が出ないこともあります。

次に株式を保有していると株主優待というものを受けられるので、そちらを期待して株を保有している人も多いと思います。
株主優待はバラエティに富んだものが多く、その会社にちなんだものが多く見られます。

株主優待券というものが発行され入場券や、お買い物などで割り引きが適用されます。
小売業者の優待券は決められた金額までのお買い物に割り引きが効いたり、無料商品券にもなるのでとてもお得です。
中には配当金よりも金額にすると株主優待のほうがお得なこともあります。

株主優待でないと手に入らないレア物などもあるのでどんな株主優待があるのか注目しておいたほうがいいかもしれません。
株式投資については個人投資家の参入を促すためにNISAという配当金に対する税金が免除になる新しい制度が導入されることが決まり、今後個人の株式投資が活発になることが予想されます。

Comments

Comments are closed.